読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌の話(短い)

時間のない朝の時間に書きなぐってみる。

マジで歌が下手糞で上手くなりたいって人へのアドバイス。

 

音程が取れないなら音階練習(ドレミファソファミレド)みたいなやつをやればいいし、

そもそも音がわからないなら楽器を弾きながら1音1音合わせればいい。

発声が悪いなら直すトレーニングは腐るほどあるし、

それ以前に高音を出すトレーニングをしてるなら今すぐやめるべき。

 

医学的な音痴はほぼいないらしいから、これぐらい初歩から始めれば間違いなく上手くなる。

これを面倒だと思うなら上手くなるのを諦めた方がいい。

GWレポート2016

ゴールデンウィークが終わってしまう…

今年のゴールデンウィークは色々したようなしていないような…

ちゃんと休みを満喫したことを振り返って明日に向かおうと、およそ一か月ぶりの更新をしたいと思います。

 

4月28日木曜日

ゴールデンウイーク0日目。

5時45分に会社から解放されて居酒屋へ。

飲み会の後、夜行バスで仙台へ向かいました。

 

4月29日金曜日 

朝6時半に仙台駅に到着し、何やら明るい色の服を着た人たちが多くいるなぁと思いながら歩いていると大学の先輩のZさんとHさんが…

そうかアラバキかと思いつつ大学の同級生のYの家へ。

7時半頃Yの家についてインターホンを鳴らすと…うん、なんか面倒くさくなってきたな。

Yをインターホンで起こして、部屋の掃除を手伝い、昼まで寝て、YとらーめんBIGへ(1回目)。

その後、某Youtubeラジオにお邪魔させていただくべくAさんと合流して、6時くらいまで駄弁ってました。

でもって、大学の同級生数人で食楽という焼肉屋さんへ。

盛岡冷麺が食べたかったので行ったのですが、ちゃんとおいしかったですねぇ。

2次会はΧさんと合流して虎の尾へ。

仙台に来たら一度は行ってチョコプルを飲まないとと思っていたので、ちゃんとノルマを回収できてよかったです。

 

5月1日土曜日

昼前に動き始め、らーめんBIGへ(2回目)。

その後、髪を切りに行って、短い感じにしました。

さすがに次のいい感じの時期に仙台に来れなそうだから東京で新しいところ探さないと…

そして夜はYの家で晩酌。

すぐ寝ちゃった気がします。

 

5月2日日曜日

ベニーランドに行こうと予定を立てていたのですが、あいにくの雨。

予定を変更してドンキの上の漫喫へ。

なんか、ビリヤードとかダーツとか卓球とかできるすごいとこでした。

棒を使って穴に入れるのは初体験だったんですが、初心者でもそこそこやれて楽しく遊べると感じました。

久々の卓球は全く感覚がなくて焦ったり、ダーツではハットトリックが起きてしまったりして、楽しかったです(小並感)。

仙台の最後の夜はやはりらーめんBIGへ(3回目)。

 

その後、サイゼ行ってワイン飲んで夜行バスで東京に帰って、そのまま出勤みたいなかんじでした。

なんか長い感じになっちゃったから前後編に分けさせてもらうとして、この時点で楽しかったような気がしてきたので目的は果たせたのではと思います。

 

仙台の3日間を振り返ってみると、

・Yと一緒にご飯を食べた回数:5回

・らーめんBIGに行った回数:3回

・唐揚げ弁当を食べた回数:2回

・Yの家で寝起きした回数:3回

……いや、ほんとにお世話になりました。

 

あまりまわりという漫画がありまして

作者買いしていた「あまりまわり」という漫画。

3月26日に発売された3巻で完結してしまったので感想を書きたいと思います。

 

作者は数年前にアニメ化された「Aチャンネル」を描いている黒田bbさん。

可愛い絵柄とゆるくてぶっとんだギャグ、担当に規制されている胸ネタが魅力的な漫画家です。

 

主人公は犬や猫などの動物が度を越えて好きな大学生の青年。

彼がひょんなことから児童施設にいるあまりという少女と知り合って、

児童施設の子供と仲良くなっていくハートフルコメディ。

でいいのかな?

 

子供達の掛け合いが可愛らしい。

あまりが主人公に懐く様子が微笑ましくて妬ましい。

そんな作品です。

帰省レポート2016春

さて、私は今北上-仙台間の高速バスで新しく手にしたスマートホンを使い記事を書いています。

今回帰省していた目的は
・仙台の部屋から実家に送っていた荷物の整理
・携帯電話を父親名義から自分名義に変える
・転出手続き
と元々盛りだくさんだった上、スマホに変えたりスーツを買ったりお墓参りにいったりとのんびりする時間なんて全くありませんでした。

まず1日目の19日。
仙台駅19時発の高速バスに乗り北上へ。
無計画で家を出ての待ち時間もあわせて3時間ほど勉強ができてしまい「帰省=勉強が捗る」の認識が出来始めました。

2日目の20日。
朝から父方の墓参りに行って昼からドコモショップへ。
その間は当然荷物の整理です。

この日はドコモショップに行ってからが長かった。
結果から書くと7時間いてスマホ4台とタブレット1台を購入。
このタブレットはどう考えても過ぎたおもちゃだとは思いましたが黙っておきました。

ガラケーでいいと思っていたのですが、家族と一緒に変えると安くなるらしく、XPERIAの最新機種の音楽再生機能が今使ってるウォークマンより高性能と知って携帯とウォークマンを1つに出来たら便利だなーくらいの気持ちでスマホになってしまいました。

機種代実質0円みたいな話がありますが、今回は毎月225円を24回払いだとか。
こんな高性能なマシンがこんな値段でいいのか…!?
というかウォークマンより安いじゃないか…

そして3日目の21日。
起きる→飯を食う→スーツを買う→母方の墓参りと休む間もなく連れまわされ、「帰省=田舎移動時間長い=勉強が捗る」という感じに勉強に集中したいときは帰省すればいいのではと思うほどでした。

あ、スーツ選ぶの難しいですね。

そんな感じで現在、仙台行きのバスに揺られているわけでございます。

ああ、実家に残してきた荷物はまずまず片付け、本棚には道を踏み外す様に巧妙に罠を仕掛けてあります。
これからの妹の成長にご期待ください。

そんな感じで仙台であと数日、心残りなく過ごしてやると決意を新たに、今回はこれで。

ボイトレとかそういう話

音楽

はい。

なんか前回、大学4年間どんな練習してきたかみたいなこと書きますよーって書いてしまったみたいなので、今日もまったりと書いてみたいと思います。

 

読んでくれた人の歌の練習の足しになるとは限らないと思うのであしからず。

 

さて、私が大学1年の4月、

某弾き語りサークルに入りました。

 

中学・高校と運動部で、カラオケにそんなに行くわけでもなかったので、

ホントに0からのスタートだったんですね。

どうして入ろうと思ったんだろうね。

 

意識的に歌の練習を始めたのが2年になってからで、

初めは部室においてあった本を始めました。

 

独習用CD付き!高い声で歌えるデイリー・トレーニング・ブック(CD2枚付き) : 高田 三郎 : 本 : Amazon.co.jp

 

この本は

・デイリートレーニング

・基礎トレーニング

・高音域開発トレーニング

の3つの章があって、

まず、デイリートレーニング(1回20分くらい)をするだけでかなり発声が良くなるのでオススメです。

基礎トレーニングはいろんなバリエーションの音階練習ができるので音程を良くしたい人にオススメです。

私が普段やっている「あれ」はこの本の一部だったりします。

 

そして、2年の学祭が終わって、渡り鳥にでてから半年くらいあまり時間をとらなくなって、

3年になってから玉置浩二を聞いて「あ、この感じを取り入れよう」って思って真似しはじめたんです。

それまでゆずの北川悠仁を意識して歌っていたので数か月でかなり違う歌い方になったと思います。

 

んで4年になってから面白そうな本を見つけて買ってみたら結構いい感じだったので紹介しておきます。

 

1週間で効果実感! 声を出さずに歌が上達する ボイストレーニング34 : 山田 容子 : 本 : Amazon.co.jp


この本は生活習慣に関する章がものすごいインパクトがあります。

私も1か月くらい試してみたんですが喉の調子がいい感じになったので、

真面目にボーカルをやりたい人は買って読んでみるべきだと思います。

 

普通に趣味で歌うぐらいの人だと主題になる、

声を出さずに歌うときに使う筋肉を鍛えるトレーニングが後半にありまして、

目新しい方法が多かったです。

 

なんかいろいろ書いてきましたが、

私が思う歌で大事なことがいくつかあって、

・音程は音を聞きながら音階練習をしないと良くならない。

  音階練習をちゃんとすると突然音感がアップデートされるんです。

  今まで上手いと思ってた先輩がめちゃめちゃ下手糞だと気付いた時の衝撃はでかい

 です。

 

・ネットよりも本のほうが有用な情報が多い。

  本に書いてあることがネットに書いてないことは多いです。

  話はそれるけどwikipediaを過信しないように。

 

・最低2人は好きな歌手の歌い方を真似すると良い。

  なんでも先輩の真似をするってのは良いことで、

  でも、自分の好きな歌手1人だけだと真似でしかなくなっちゃうと思うんです。

 

そんな感じで2年の秋に引退を決め込んでいたもののなんだかんだ成長していたっぽい私のボーカルトレーニングの軌跡でした。

皆さんが歌をもっと楽しめるようになることを願いつつ今回はこれで。

 

書いてたらオリョクル終わった。いったい何分書いてたんだろう。

卒業ライブ2016

音楽

はい。さて。

3月8日に東北大学みんな歌う会の卒業ライブがありまして(今更)

私もOKAMOTO'SのHEADHUNTを弾き語りでやらせていただきました。

 

この曲はデュラララ!!ってアニメの主題歌だったり、

そのアニメには田舎から東京の高校に進学してきた少年がいたりするんですが、

実はその少年にこれから東京に出ていく自分を重ねたりしてるわけではないんですよ。

 

正直、あんまり練習してなくてね、

というのももっと卒業っぽい曲を探していたんだけどなかなか決まらなくて、

よしこれにしようと決めたのが3月6日だったりして、

それからiTunesで買ってカラオケに行って歌を覚え、

次の日に歌詞とコードが書かれた紙を作って自室でストロークを考え、

当日の昼に通してやってみたというレベルだから、

うん、こうして書くとすごく申し訳なくなりますね。

 

ライブの4日後にDVDをいただいてしまって、

しょうもないライブしてしまったかもしれないって気が気でなかったので自分のところだけとりあえず見たんですが、

いやぁ、なんか上手くなったなぁと、

自分のことながら思いました。

 

思えば今までいろいろ試行錯誤して歌の練習をしてきたものです。

その試行錯誤を何してきたか、

明日というか今日、

必ずまとめたいと思うので、

どうか見てやってください。

それではまた。

 

追記

あ、MCに関してはまったく成長しなかったなぁと思いました。

東京に行ってきました。

生活 旅行 食事

はい。

しばらくぶりになりますが、ブログを更新したいと思います。

 

3月3日と4日に私は東京に行っていました。

春から東京勤務なのでその部屋探しです。

毎日満員電車に何十分も揺られるなんて時間の無駄以外の何物でもない。絶対に電車通勤などするものか。と思って職場の近くで部屋を探し、

職場まで徒歩10分程度のあたりに無事部屋を見つけました。

 

まあ、こんなことはどうでも良いのです。

今回の本題はその後、夢の国秋葉原に行った話です。

 

電子部品、アニメ、漫画、ゲームの店が連なり、

実はグルメの町でもあり、

メイドさんが媚びっ媚びの声で客引きをする。

最高です。

 

さらに夕方になるとメイドさんの他に軍服コス、魔女コスや女子高生の客引きが現れ、とても楽しい感じになります。

 

今回、旅先で夜に酒が飲みたくなってしまった私は、

一人で飲むのは何か寂しいぞと思い、

適当に声をかけてお店に連れて行ってもらいました。

 

連れて行かれたのはRING A BELLというBAR。

落ち着いた雰囲気のお店で、着いてから店員さんがバーテンっぽい服なことに気付きました。

いや、特に希望のコスがあったわけではないのですが、

話のネタにしづらい、失敗したかもと思ってしまいました。

とはいえ結局楽しかったんので良かったですが。

 

声をかけた子はその日が初めて(意味深)だったらしく、

たどたどしい感じでお店の説明をしてもらってなんか楽しかったです。

 

店員さんや隣にいたおっちゃんと話して、

このとき秋葉原が実はグルメな街だと教えてもらい、

オススメの店も教えてもらいました。

 

そして秋葉原の怖い話。

 

客引きをしている女子高生はリアルJKで、

自分の通っている高校の制服を着ているとか。

そして、女子高生についていくとぼったくられることがあるとか。

カクテルは1杯800円とかで、勢いでレッドブルを頼んじゃうと1本3200円だったりするらしいです。

笑っちゃいますよね。

 

とまあ、

こんなふうに人生何度目かの東京、

楽しんできましたということで今回はこれで。